赤ちゃん

ベビーのお肌を守る

オイル

赤ちゃんのものだけかと思われがちなベビーオイルですが、大人にも大変使いやすく、便利なものです。季節を問わず、一つ携帯用のベビーオイルをバックに忍ばせておくことで、乾燥も恐くはなく、快適な生活を送ることができます。

» 読んでみよう

湿疹にならないために

ドクター

乳児に現れる湿疹

乳児に起こる湿疹にはさまざまなタイプと原因があります。オムツをしている部分の湿気が原因でかぶれてしまうオムツかぶれ、汗が原因でかぶれてしまう汗疹、卵や小麦などの食物を食べることが原因で発生する食物アレルギー湿疹など、その種類は様々です。乳児は、成人と比較すると肌のバリア機能が低いため、様々な湿疹を発症しやすくなっているのです。乳児が発症する湿疹のことを、乳児湿疹といいます。乳児は、皮膚がまだ発達途中であるため、傷つきやすいです。そのため、冬期の乾燥に対しても、とても弱いといえます。もし湿疹が発生してしまったら、患部を掻き毟って悪化させないように、乳児用のミトンの手袋をしてあげるなど工夫すると良いでしょう。

湿疹の対策

乳児湿疹のケアの基本は、清潔にすること、そして保湿することです。冬場の乾燥対策としては、肌がカサカサしていると触れてみて感じたら、ベビーオイルや子供向けの低刺激なローションを塗ることなどがあります。また木枯らしの吹くような寒い日は外出を避けたり、乳児の肌に直接風が当たらないように気をつけることも良い方法です。逆に夏場の過剰な皮脂対策としては、汗をかき過ぎないようにクーラーなどを活用して適切な温度の部屋にすることがあります。また普段から、母乳を飲んだ後や吐き戻した後に濡れてしまった口元や首筋を必ず拭き取るようにしましょう。拭き取るときはガーゼを優しく押し付けて吸い取るように行います。汚れが落ちないからといってごしごしと擦ると、肌が傷ついて乳児湿疹になってしまうこともあるので注意が必要です。

使い方は様々

赤ん坊

ベビーローションは、赤ちゃんがいる家庭では必需品です。いろいろな用途に使うことができるので非常に便利ですし、余分な成分が入っていないため、安心して使うことができます。肌の弱い大人の方にもぴったりです。

» 読んでみよう

おすすめの商品

幼児

ベビーローションを選ぶ時には、売り上げランキングの上位に来るようなものを選ぶと良いのですが、あまり余計なものが入っていないのを選びたいものです。また、赤ちゃんの肌、あるいは季節によって、使い方を変えていくと良いです。

» 読んでみよう